読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドットコム

大学生がブログ書いています。

自分で情報を発信する方法がわからない人はとりあえずTwitterから始めよう

f:id:RyotA:20160224122441j:plain

Twitterで自分を発信しよう

自分で情報を発信することが重要であることを最近よく耳にしますよね。

ライブドア元社長のホリエモンこと堀江貴文さんが近畿大学の卒業式でも、自分で情報を発信することの重要だということを仰られていました。

はじめの一歩さえわかれば、あとは情報を発信できると思うのですが、自分で情報を発信するといっても何から始めればいいかわからず、結局何もしなかったなんてこともあるでしょう。

そんなあなたは、Twitterから始めましょう。

 

なぜTwitterなのか?

f:id:RyotA:20160504002104j:plain

自分で情報を発信したことがない方はまず、Twitterから始めるのがいいと思います。

なぜならTwitterは簡単に自分で情報を発信することができます。

ただツイートするだけで情報を発信できるという優れたプラットフォームなんです。

Twitterならブログみたいに長く書かなくてもいいしデザインなんかも変えようがないので、情報発信することに集中できます。

1回のツイートで打てる文字数が140字なので長く書くことできませんので、文章を書くことによる障壁もブログより全然低いです。

 

国内のTwitter利用者が多い

f:id:RyotA:20160510224021j:plain

日本国内のTwitter利用者は海外諸国と比べて非常に多いんです。

利用者が多いということはそれほど情報の受信者が多いということになります。いくら情報を発信したとしても受け取り手がいなければ意味がないですからね。

なので日本人が情報を発信する分には、Twitterは本当にすばらしいプラットフォームなんです。

 

何をツイートすればいいの?

f:id:RyotA:20160510215255j:plain

Twitterが情報を発信する分には良いということは、わかってもらった思うのですが、次は何を発信するかです。

簡単なのは、ニュースなどを読んだ感想をツイートすることです。

現在はブラウザでニュースを読もうが、アプリでニュースを読もうが必ずツイートできます。

自分の簡単な感想でいいのでツイートを何度も何度もしていきましょう。

 

フォロワーがついてくる

f:id:RyotA:20160219004256j:plain

何度も何度もツイートしていると、そのうちツイートにも慣れてきます。

ツイートに慣れてくるころには、フォロワーもある程度いるでしょう。

そうなってくると普段自分が思っているようなことツイートしていけばいいです。

ほんの些細なことでもいいのでツイートしていきましょう。

 

自分が発信した情報を受信した人が現れる

f:id:RyotA:20160218145411j:plain

自分の思っていることをツイートしていると中にはあなたのツイートに対するリプライが来たりするでしょう。

あなたの発信した情報を受信している人が現れるんです。

自分が発信した情報を受信していることがハッキリわかったときは嬉しいものですよ。

受信してくれる人がいるから発信する意味がありますからね。

 

とにかく簡単なのでTwitterを始めよう

f:id:RyotA:20160510215332j:plain

Twitterは情報を発信するのに何から何まで簡単なのでとにかく、アカウントをつくって始めちゃいましょう。

とにかく行動をしないと何も始まりませんからね。

情報を発信したいと思っている方は是非Twitterしてくださいねー。