読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドットコム

大学生がブログ書いています。

本気で取り組んでいる人をバカにする奴は確実につまらない3つの理由

f:id:RyotA:20160224122231j:plain

つまらない人間は人の趣味をバカにする

何かに本気で取り組んでいる人ならわかると思うのですが、本気で取り組んでいることについてバカにしてくる人っていますよね。

「よくそんなことに熱くなれるな」とか「そんなことに本気になって恥ずかしくないの?」とか上から目線で言葉を発してくる人がいます。

僕はAKB48に本気で取り組んでいます。そのことに関して散々バカにされてきました。

そして、バカにしてきた人は総じてつまらない人間だったのです。

1.本気で物事に取り組んだことがない

本気で物事に取り組んだことがない人は、人が本気で取り組んでいることを理解できないのです。

本人たちは何かに本気で取り組んだ感覚なのかもしれませんが、すごくハードルが低いことが多いです。

すべての約束をすっぽかしてでも、多少借金しててでも、周りからどれだけ批判されようとも物事に取り組むということが本気なのです。

本気で取り組むことができもしない人はつまらないですね。

2.人の目を気にしている

本気で取り組んでいる人をバカにするつまらない人間の特徴に人の目をやたらと気にしていることが挙げられます。

何かに取り組む際に周りの人間の評価が気になってしまうのです。なので人から評価されないようなことはしません。

人から評価されるようなことなんて上辺だけのことが多いです。人から評価されないような深いことに意味を感じでいないのです。

なので人から評価もされないで物事にひたすらコツコツ取り組んでいる人を理解できずバカにしたりするのです。

人の目にビクビクしている奴はつまらないですね。

3.本気で取り組めている人が羨ましい

これは少しかわいい理由ではあるのですが、本気で物事に取り組んでいる人が羨ましいのです。

本気で取り組めている人が羨ましく悔しいので、ついバカにしてしまうのです。

自分何かで頑張りたい何かに本気で取り組みたいが、何をしたらいいのかわからない。そんなモヤモヤした気持ちを抱えているのです。エネルギーの発散場所がないのです。

エネルギーの発散場所がないので、そんなモヤモヤ気持ちを人にぶつけてしまうのです。

少し同情できるようなところもあります。

本気で取り組んでいることを誇りに思え

本気で取り組んでいるとバカにされるということは不可避です。

しかし本気で取り組めるというのは才能なので、どんどん本気で取り組んでいることに深入りしていきましょう。

いつかあなたにとってそのことが武器として宿るでしょう。

 

以上

「本気で取り組んでいる人をバカにする奴は確実につまらない3つの理由」でした。