ドットコム

大学生がブログ書いています。

理系の受験生にオススメしたい問題集・参考書

f:id:RyotA:20160409161944j:plain

理系の受験生にオススメしたい問題集・参考書

僕は今現在経済学部の学生ですが、高校時代は理系課程を勉強しており一度某国立大学の工学部に在籍しておりました。

僕は塾に通っていなかったのですし学校の先生もあてにしていなかったので、問題集・参考書に依存していました。

その際に使ってよかったなと思う問題集・参考書を紹介したいと思います。

Focus Gold

数学の参考書の王道はチャートですが、僕はFocus Goldを使っていました。

正確にはI+A、II+Bは青チャートでIII+CはFocus Goldを使っていました。

Focus Goldはかなり基礎的なレベルから超難関レベルまで網羅してくれているのでレベル別に参考書を買う必要がありません。Focus Goldが1冊あれば十分です。

さらに青チャートより解説が丁寧なんです。青チャートの解説は知っていて当然とばかりに解説で省略されている部分があるのですが、Focus Goldではそんなことはありません。

解説が丁寧なのは塾に通っていない僕には本当にありがたかったですね。

あとかなり個人的にな感想なんですがページの触り心地がいいですw 意味なくページを撫でたりしていましたww

Focus Goldはあまり書店には置かれていないので、書店で注文するかAmazonで購入することをオススメします。

重要問題集

僕は化学と物理を選択しておりどちらもこの重要問題集を使っていました。

MARCHや関関同立、地方国公立レベルならこの重要問題集で十分に通用すると言われています。

重要問題集も基礎から応用までしっかり網羅されているので僕はとにかく化学も物理もこの重要問題集を繰り返しました。

ただかなりレベルの高い問題もあるのでそういう問題は飛ばしていましたね。自分のレベルに合った問題を解きましょう。

速読英単語

理系といえども英語も受験科目に入っており非常に重要です。

まず気になるのが英単語帳ですよね。僕の学校ではターゲット1900を使っていましたが、単語を覚えるのが面白くなかったんですよ。

でもその点、速読英単語は長文を読むだけで英単語を覚えれるようになっているし長文の内容も面白かったので楽しく学習することができます。

詳しくはこちら『宅浪している受験生は速読英単語を使うべき3つの理由』で紹介しています。

やっておきたい英語長文

僕は典型的な理系だったので英語長文が苦手でした。なのでまずは軽い英語長文の数をこなしました。

やっておきたい英語長文300は30、500では20もの英語長文があるのでこれだけで数をこなせば英語に対するアレルギーは克服することができます。

理系の学生には本当に『やっておきたい英語長文』はオススメです。300、500のほかに700、1000もあるので余裕がある場合はどんどん難しい英語長文に挑戦しましょう。

本当に良いと思ったものだけ紹介したよ

僕はかなりの数の問題集・参考集を買いましたが、良いと思えるものは1〜2割でしたね。悪くもないけど良くもないことが多いですね。

この記事を書く際に自分部屋に置いてある問題集・参考書を見たのですが、100冊近くありましたねw

まぁ僕は文系でも塾に通わず受験したのでそれだけ多くなっちゃんでしょうねw

受験生にとってこの記事が少しでも役に立てれば幸いです。

 

以上

「理系の受験生にオススメしたい問題集・参考書」でした。