読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドットコム

大学生がブログ書いています。

考えるから行動できなくなる。だから考えるな。

f:id:RyotA:20160310010609j:plain

行動できない

人間が成長していくうえで行動するということは、なくてはならない不可欠なことです。そしてその重要性はほとんどの方が理解しています。

ですが、重要性がわかっているのに行動できないという方が大多数です。

なぜ行動の重要性がわかっているのに行動に移すことができないのか?

考えてしまう

なぜ人間は行動することの重要性を理解しているのにも関わらず、行動ができないのか。その理由は簡単です。

考えてしまうからです。

 

考えることは当たり前やないかというような言葉が聞こえそうですね。

たしかに考えることは重要なんですが、その考えることがマイナスに働くことがあるんです。

デメリットを考える

行動選択をするときに考えてしまうその行動起こすことによるデメリットを考えついてしまうのです。

もちろん行動することによるメリット、デメリットを天秤をかけることも必要なのですが、考えてしまうとデメリットを誇張しがちなのです。

デメリットを誇張する結果、デメリット>メリットになってしまい結局行動に移せないということになるのです。

 

はっきり言って行動を起こすことによるメリットやデメリットの大きさなんて行動してからでないとわかりません。

いくら考えてもわからないことを考え続けるのは時間の無駄なのでやめましょう。

考えるのは行動してからでも遅くはない

考えてしまって行動に移せない方は意識的にまず行動を移すようにしましょう。とりあえず行動に移すのです。

そして行動に移してから考えることにしましょう。

なぜ行動してから考えるのかというと理由は2つあって

スピード感が重要であるため

考えてから行動ということになるとどうしても行動決定するのが遅くなってしまうのです。

考えて足踏みしている間に優秀な人たちはどんどん先へ進んでいってしまいます。

とりあえず自分も走り出して走っている間に考えればいいんです。それで違うなと思ったら引き返せばいいんです。

まずは走りだそう。

引き返すのがめんどくさい

とりあえず走って、走っている間に考えてそれで違うなと思ったら引き返せばいいと書きましたが、実際に走り出すとこのまんま走り続けるかというようになることが多いのです。

一旦走り出すと引き返すのめんどくさくなったりもするのです。

なので結果行動につながるというわけです。

考えたかったら行動しながら

考えないと不安で不安で仕方がない方は考えてもいいですが、それは行動しながらにしましょう。

でないといつまで経っても行動に移すことはできません。

まず行動です。

 

以上

「考えるから行動できなくなる。だから考えるな。」でした。