読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドットコム

大学生がブログ書いています。

いくつもの自分がいると人生楽しいよ

f:id:RyotA:20160220152610j:plain

いくつもの自分

2016年4月22日(木)にゆきりんこと柏木由紀さんのツアーに参加してきました。

会場では他のゆきりん推しのヲタクたちと戯れてライブ後には一緒にご飯を食べたりしてヲタクを楽しんでいます。

アイドルのイベントにいるときは僕は完全にアイドルヲタクとしての自分になります。

大学にいるときは大学生としての自分。ブログを書いているときはブロガーとしての自分。

自分という存在は色々な自分が集結したものなんです。

もう1人の自分が助けてくれる

f:id:RyotA:20160219004256j:plain

先ほど買いたように僕はアイドルヲタク、大学生、ブロガーとしての自分がいます。ここにアルバイトをしている従業員としての自分も含まれるでしょう。

自分という存在が複数あるとある分野で何か悪いことがあったとしても、自分という存在があまり揺るがないんです。

例えば、大学生としての自分しかいないとなると、大学で起こったことが全てになってしまい。大学の先生から怒られたことによふダメージを引きずってしまうことがあるのです。

しかし、僕だとアイドルヲタクとしてのもう1人の自分がいます。たとえ大学で先生に怒られようともアイドルのイベントに行けばそんなことなんて忘れてしまいます。

精神的に落ち込んだ状態を引きずることはないんです。もう1人の自分がすぐにメンタルを引き上げてくれるのです。

自分が多いと安定する

f:id:RyotA:20160216231930j:plain

自分を柱として考えてみてください。

ひとつの自分が全体としての自分を支えるとなると、その柱が弱ったり折れたりすると全体としての自分が一気に崩れ去ります。

しかし自分というものがいくつもあり、いくつもの柱で自分を支えるとなると、たとえどこかの柱が弱ったり折れたとしても、他にも柱があるので全体としての自分が崩れ落ちることはありません。1本の柱で自分を支える時よりも明らかに安定するのです。

1本の柱より3〜5本くらいの柱で支えてあるものの方が安定していることは容易にわかると思います。

自分を構成する自分が少ないならつくってしまおう

f:id:RyotA:20160215180919j:plain

自分を構成する自分が少ないならばつくってしまいましょう。

『どうやってつくんねん?』とか思うかもしれませんが、行動を移せば意外に簡単にできます。

ぼくの場合最近ブロガーとしての自分がつくられました。

それはどのようにつくったかというと。まずブログを始めてブログカレッジというブログサロンに入ったこと。

たったこれだけです。たったこれだけでのことで新たなコミュニティに属することになりリアルの世界でも会ったりするようになるのです。

どんどん新しい自分をつくろう

f:id:RyotA:20160214202346j:plain

もし何か興味があるならどんどん行動して新しい自分をつくっていきましょう。

楽しいことが増えると本当に人生が楽しくなります。

次はどんな自分をつくろうかなー?