読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドットコム

大学生がブログ書いています。

100点の記事なんて書くつもりはない

ブログの記事で

100点記事を書いたことがない

りようたです。

100点の記事

ブログを書いている方は

ブログを書くにあたり

記事の完成度というものは

気になると思います。

できるだけ良い記事を書きたい

ミスもなく内容の濃い100点の記事を

書きたいと思うはず。

でもね

それは無理です!!!

 

プロのライターですら

書いたことが炎上してしまうようなこの世の中。

プロの書き手でもないブロガーが

100点の記事を書くなんて無理なんです。

いくら頑張っても無理ですよ。

点数のつけ方は人それぞれ

いくら自分が100点の記事を書いたとしても

読み手が100点と感じるとはかぎりません。

80点や60点といった低い点数をつける場合もあるでしょう。

ですが逆に

60点や80点の出来だと思っていた記事が

読み手にとっては100点の記事だったりもするのです。

こればっかりは

書き手と読み手の感じ方が違うので

予測できません。

明らかにダメな記事はわかるでしょうけどね。

気にせず投稿

僕は書き手と読み手の

感じ方の違いに気がついているので

どんな完成度であろうと

思い切りよく投稿しています。

ちょっと記事として

おもしろくないかもと

思ってもその記事が多くの人に

読まれる可能性はありますからね。

とにかく怖がらず記事を投稿です。

それでダメなら次記事を書くときに

良い記事を書けば良い話です。

出来が気にあったらとりあえず投稿です。

テキトーな記事は書いていない

100点の記事を書くつもりはないですが、

テキトーな記事を書くつもりはありませんよ。

別につまらん記事を書いているつもりもありません。

一生懸命書いたが

あまりいい構成、文章じゃないかもと思ったときに

思いきって記事を投稿しているわけで

手を抜いたりしているわけではないということです。

評価を恐れず記事を投稿

記事の価値なんてものは

とりあえず公開してみないと

わからないんです。

何時間もかけて書いた記事が読まれず

20分くらいで書いた記事が読まれたり

そのへんは予測できないので

とりあえず投稿して公開しましょう。

そうすると気が楽になりますよ。

 

以上

「100点の記事なんて書くつもりはない」でした。