読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドットコム

大学生がブログ書いています。

大学生は3000円を飲み会に払うくらいなら自分に投資しろよ

3000円を自分に投資

大学生にとっての3000円って簡単に出せる金額ではないけど、高いお金ではないっていう微妙なラインです。

この3000円の使い道によって後々の人生に大きな開きが出てきます。

3000円は飲み会1回分

3000円っていうのはだいたい飲み会1回分です。なかには3500円や4000円したりもっと高い場合もありますが、一番多いのは3000円だと思います。

大学生は飲み会が好きですからこの3000円を支払う機会というのは多いことでしょう。僕も飲み会が好きなので数十回と3000円を支払ってきました。

数十回の3000円ですから金額にすると数十万円は飲み会に使っていることになりますね。改めて計算するけっこうな金額になるねw 自分でもビックリ。

3000円を飲み会には払えるが自分の投資には払えない大学生

僕は現在で大学生なので僕の周りにはもちろん大学生が多いです。

多くの大学生は飲み会で払う3000円にはまったく抵抗がないんです。本当にまったく抵抗がない。飲み会で3000円なら安いと思っている。

飲み会に3000円も払えないような人は白い目で見られますね。それくらい飲み会で3000円払うのは当たり前という感覚です。

大学生は飲み会を月に数回行きますから1ヶ月の支払っている金額は数万円でしょう。

これだけの金額を飲み会に使っていながら、自分への投資になるような本を買ったりwebサービスを利用する1000〜2000円くらいの金額を出すのに渋るのです。

これらの1000〜2000円は高く感じてしまっているのです。

飲み会の月数万円の出費は安い。自分への投資のための月1000〜2000円は高い。

これはすごく悲劇的なことです。

飲み会自体はべつに悪くない

大学生同士で飲み会に行くことは非常に楽しいです。実際僕もけっこうな数行っていますし、そのへんはわかっています。

でも、あまり自分のためになるようなことって少ないです。ただただ楽しいだけ。

別に楽しむことは批判しませんが、自分のためになるようなことにもお金かけろよという話なんです。

まぁおせっかいですね。

月に3000円以上自分に投資

僕は月に1〜3冊は本を買っているので1000〜5000くらいは毎月出費しています。他にはこのはてなブログもpro契約なので毎月1000円支払っています。これらはすべて自分の投資になっています。

本が自分への投資になるなんて話はよく聞きますよね。知識が蓄積されるし頭の良い人たちの知にふれることができ、視野が広まる。

ブログも自分への投資なんです。ブログが成長すれば発信する力がつくし、資産になる。

だから本を買うことやブログにお金をかけることにケチったりしません。

他にも自分のために月額課金のwebサービスをいくつか登録しようと思っています。これもすべて自分の成長のためです。

飲み会1回減らせば3000円は浮く

飲み会が好きならどんどんいけばいいさ、でも1回くらい減らして自分に投資してみてほしいんです。

きっと違う景色が見えるようになるから。

 

以上

「大学生は3000円を飲み会に払うくらいなら自分に投資しろよ」でした。