読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドットコム

大学生がブログ書いています。

できるだけ本を安く買おう!おすすめの本の買い方

f:id:RyotA:20160222184052j:plain

おすすめの本の買い方

みなさん、本の買い方で損していませんか?

本って滅多に読書しない方からすれば全然高くない買い物ですが、読書好きの方からすると毎月の読む本が多いと本代というのはかなりの額となっていきます。

だからと言って本の読む量を減らしたくはないですよね?

そこで、できるだけ本を安く買うための方法を紹介したいと思います。

 

新刊はkindleで買うべし

本を安く買う1つ目のおすすめの買い方はkindleで新刊を買うことです。

なぜkindleで新刊を買うのかというと紙で出されているものより電子書籍の方が価格が安く設定されていることが多いからです。

電子書籍の価格は紙の本の価格の1/2から2/3であること多いです。

1500円する本なら600〜1100円あたりの価格だったりします。

10冊も買えば4000〜9000円お得になることがあります。

 

さらにkindleはたまにセールをしていて、僕は一度6冊で7000円ほどするものを330円という破格で買ったことがあります。

電子書籍は基本的に紙の本より安いので新刊ならまずkindleで購入しましょう。

 

発売されてから、ある程度経つ本は中古で買うべし

本を安く買う2つ目のおすすめの買い方は発売されてから、ある程度経つ本は中古で買うことです。

中古で買うということは在庫がない可能性が心配になりますが、AmazonやBOOK・OFFはオンラインでも中古を販売しているので在庫の心配は以前に比べて少ないです。

僕は先日これら8冊の本をまとめて買いました。

  • ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく
  • 堀江貴文のカンタン!儲かる会社のつくり方
  • 金持ちになる方法はあるけれど、金持ちになって君はどうするの?
  • 頭は「本の読み方」で磨かれる: 見えてくるものが変わる70冊 (単行本)
  • 未来の働き方を考えよう 人生は二回、生きられる
  • 我が闘争
  • 稼ぐが勝ち ゼロから100億、ボクのやり方
  • 自分のアタマで考えよう
  • これらを新品で買うと8冊で10835円なのですが、BOOK・OFFオンラインで買ったところ3185円で買うことができました。どちらも税込価格です。

    10835 − 3185 = 7650円

    なんと7650円も安く買うことができたのです。

    これだけ安く買えるなら多少傷みや汚れがあったとしても中古で買った方がいいです。重要なのは本の中身で外見のキレイさではないですからね。

     

    本を安く買えれば多くの本が読める

    いかがだったでしょうか?

    目新しい買い方はないかもしれませんが、これだけで本代はかなり安く済ませることができます。

    当たり前の話ですが本を安く買うことができれば、同じ金額で多くの本が買うことができます。

    読書好きの方はとにかくたくさんの本を読みたいと思いますので今回この記事で紹介した本の買い方を参考にたくさんの本を買ってください。

    さて、僕はつぎにどんな本を読もうかなー