読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドットコム

大学生がブログ書いています。

気付けば300記事超えてたけどブログのより自分の成長の方が大事や。

f:id:RyotA:20161005223602j:plain

いつの間にか300記事超えてた。

2015年11月からこのブログを運営しているのですが、気付けば300記事を超えるブログになっていました。

今年の3月は31日間1日も欠かさず毎日3記事を書いたりして、とにかく記事数を増やすことに躍起になっていた時期がありました。というのも記事数が多ければ多いほどアクセス数が増えると考えていたからです。

その甲斐あってかブログへのモチベーションが完全に下がってしまっている今日でもブログのアクセス数が下がっていません。

先月9月は過去最高のアクセス数でした。記事を全然書いていないのに、書いていた月よりアクセス数が多いあたりブログはよくわかりませんなぁ。

 

収益も地味に上がっている

多くの記事を書いていた時期はとにかく収益を上げるために記事を書いていたと言っても過言ではありません。

しかしブログへのモチベが下がってブログの記事をあまり書かなくなってからの方が収益は上がっています。

遅れて成果が出るもんなんですかね?

まぁとりあえず、あまり更新しなくても学生にとっては良い小遣い稼ぎになっているので、これからもゆるく更新しようかなと思っています。

 

400記事は今年中に達成することはないだろう

300記事を達成して次に見えてくるのは400記事。

しかし、今の僕にとっては400記事とかどうでもいいんですよね。躍起になって記事を書くほど僕自身がヒマじゃなくなったというのもあります。

だからといって別にめちゃくちゃ忙しいわけではないんですけどねw

まぁただモチベがないだけですw

モチベが低く記事を書かなくてもある程度稼げているので無理してブログの記事を書く気になれませんw

 

ブログは非常に優れたツール

ブログへのモチベーションが完全に下がっている僕ではありますが、別にブログを軽視しているわけではないです。

ブログを書くにはやっぱり書く人自身がブログを書くネタを持っていないと思うのです。

何かをしていてそれを発信するためのブログだと思っているので、何の取り柄もなくブログでやりくりするみたいなことは中身がなくてしたくないんです。

今現在では中身のない記事でもSEOで読まれますが、Googleアップデートを繰り返すことで、SEOだけで読まれるような記事は少なくなっているでしょう。

そうなってくると、何の取り柄もなくブログをしている人は淘汰されると思うのです。

そうならないためにも、ブログ成長よりも自分自身の成長に力入れたいと思います。