ドットコム

大学生がブログ書いています。

iPhone7 Plusにバッテリ内蔵ケースとバンカーリングをつけた感想。

f:id:RyotA:20160913142230j:plain

iPhone7 Plusにフル装備!

以前『iPhone7 Plusにはバッテリーケースとバンカーリングを付けよう』という記事を書いたのですが、この記事はまだ手元にiPhone7 Plusもなく、バッテリーケースもバンカーリングも手元にない状態でした。

しかしですね、今回はすべてが揃いましたので、実際にバッテリーケースとバンカーリングを装備してみた感想を書いて行きたいと思います。

バッテリー内蔵ケースってどうなの?

僕が今回、装備したバッテリー内蔵ケースはこちら⬇︎

実際に装備している写真も載せておきます。

前面

f:id:RyotA:20161027220429j:plain

背面

f:id:RyotA:20161027220458j:plain

側面

f:id:RyotA:20161027220402j:plain

ちょっと画質が汚いのですが、そこは許してくださいね。

まず装備して感じることは重い!

かなりずっしり感があります。

しかも厚さも倍になります。先ほどの側面の写真を見てもらうとわかるのですが、ちょうど倍くらいの厚みになります。

しかし、この重みや厚みっていうのは使っていると以外に気にならないです。あとで紹介するバンカーリングを付けているからかもしれませんが、本当に気になりません。

バッテリー要らず

僕は前まで出かけるときは必ずバッテリーを持ち運んでいました。

僕と同じようにバッテリーを常に持ち運んでいる方は多いのでは?

しかし、バッテリーはやっぱり荷物なんですよね。

旅行などの遠出で荷物がそもそも多いなら全然かまわないんですけど、日帰り程度ならそこまで荷物は多くないですし、荷物は少しでも少なくしたかったんです。

バッテリー内蔵ケースを装備すれば、わざわざバッテリーを持ち歩く必要はなくなりました。

そもそもiPhone7 Plus自体がまぁまぁ充電の保ちはいいんですけど、僕みたいに携帯をいじり倒すバカにはiPhone7 Plusの充電量じゃ足りないんです。ですが、バッテリー内蔵ケースがあれば1日充電量を気にせずいじり倒すことができます。

もともとのiPhone7 Plusの充電量とケースに内蔵されたバッテリーを合わせれば、人によっては3、4日は保つんじゃないでしょうか?

さきほども書いたように、意外にバッテリーケースの重みも厚みも気にならないので、バッテリーを持ち歩くのが苦痛の方は絶対に買ったほうがいいです。

バンカーリング

僕が装備したバンカーリングはこちら⬇︎

写真も載せておきます。

f:id:RyotA:20161027222156j:plain
f:id:RyotA:20161027222136j:plain

iPhoneを使い出して5年目の僕ですが、初めてバンカーリングを使ったんですけど、もうバンカーリングないのが考えれないくらいバンカーリングの良さを感じています。というのも先ほどにも書いたようにバッテリー内蔵ケースをつけたことによって重みと厚みが増えているし、滑りやすい材質なのでバンカーリングがないと不安定で仕方ないんです。

さらにバンカーリングを装備することによって、大きなiPhone7 Plusでも片手でフリック入力をすることができるんです。

f:id:RyotA:20161027222856j:plain

というのもバンカーリングを付けることでiPhone7 Plus自体を握らずバンカーリングに指をかけているだけで持つことができるからです。

いやー、マジでバンカーリングいいよ!

バッテリー内蔵ケースとバンカーリングはセットで装備しよう!

以前に書いた『iPhone7 Plusにはバッテリーケースとバンカーリングを付けよう』の通りに買ってよかったです。

バッテリー内蔵ケースとバンカーリングはセットで買った方がいいです!絶対に!

組み合わせによって存分にバッテリー内蔵ケースとバンカーリングの恩恵を受けることができると思います!