読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドットコム

大学生がブログ書いています。

自分で環境をつくろう

f:id:RyotA:20160220152610j:plain

自分で環境をつくると

人生が豊かになれた気がする

りようたです。

環境のせい?

何かに失敗したり

何かに挑戦できないとき

環境のせいにする人いますよね?

環境のせいにするということは

半分合ってて半分間違っていると思うんです。

確かに環境が人に与える影響って

かなりあると思うんです。

僕らは

日本語しかしゃべらない日本人がほとんどの

日本という環境で育っていますから

僕らは基本的に日本語しかしゃべれないと思うんです。

無意識に日本で生活していて

英語をしゃべれるようになる人はいないでしょう。

でももちろん

日本語しかないよう環境であっても

必死に勉強すれば英語を話せるようになると思います。

でもこういう環境に逆らうようなことって

非常にエネルギーを必要とすることなんです。

環境の流れに乗った方が楽に進めますからね。

環境をつくる?

環境という流れに逆らって進むのは

とてもエネルギーがいるし

時間がかかります。

なので

自分の行きたい方向に進める

環境をつくればいいんです。

たとえば僕は無理なくブログを続けるための

環境をつくっています。

こんな感じにMacbook Proの上にiPadを立てて

YouTubeを観ながら記事を書いたりすることで

パソコンの前にいることを

しんどくないように工夫しています。

いくらブログを書くのが好きと言っても

ずっとパソコンの前にいると

集中力が切れてきて

パソコンの前にいるのが嫌になってきますからね。

でもiPadで48グループの動画観ながらだと

けっこうパソコンの前にずっといられて

記事が書けたりするんです。

テスト前なんかも

こうやってYouTubeを観ながら勉強してます。

そんなんで集中できないとか言う方もいるかもしれませんが

まず取り組むという第一工程が大事ですから

全然問題ありませんよ。

英語漬けシェアハウス

www.ryota-ryota.com

僕はこの記事で英語漬けシェアハウスに

住みたいと書いています。

これも英語が話せるようになるための

環境作りのひとつです。

自分が普段から英語を話すような環境に置けば

いやでも英語は上達すると思うんです。

まぁこれに関しては

まだ実行していないので

偉そうには言えませんが......

環境はつくれる

ある程度の環境ならつくれるので

もし自分が何かしらしたいことがある

しなければならないことがあるのなら

自分でできるだけ環境をつくってみましょう。

そうすると

省エネでも成長できます。

みなさんも試してみてね。

 

以上

「自分で環境をつくろう」でした。