読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドットコム

大学生がブログ書いています。

受験で人生が決まらない3つの理由

こんにちは

受験に失敗したことがある

りようたです。

 

受験で人生は決まらない

150415002238_TP_V

受験なんかでは

人生は決まらないということを

僕は全国の受験生に言いたいと思います。

 

今日が1月31日ですから

高校受験を控えている

中学生はラストスパートの時期で

大学受験であれば

私立の大学はもう試験が行われたり

明日から受験が始まる大学が多いのかな?

国公立の大学を目指している子たちは

センターが終わって

2次試験にむけて勉強している時期でしょう。

 

受験生よ、もっと気楽に

受験をしている子たちには

あまり深刻にならずに受験してほしいのです。

なぜなら

別に受験ごとき長い人生で見たら大したことないから。

 

今、必死で勉強している受験生には

水を差すようで申し訳ないのですが、

受験してわかったんですよね。

もちろん良い高校、大学に進学した方が良いのは確かでしょう。

だからと言って大学でその先の人生がすべて

決まるわけないじゃないですか。

世の中そんなにつまらなくないですよ。

たった21歳の僕が言うのもなんですが。

 

150415222377_TP_V-2

大人たちがよく言うセリフ

「大学で人生が決まるわけじゃない」

正直この言葉はよく耳にしてるかもしれませんね。

聞いてる受験生からしたら

お前は今、受験生じゃないから

そのようなことが言えるんだと

思ったりしますよね?

正にその通りなんですよね。

プレッシャーがかかっていない状態であると

周りを見る余裕がありますから

「大学で人生が決まるわけじゃない」

というような言葉

軽く口に出して言っちゃううんですね。

そもそも

そんなこと言われなくてもわかっとるわと

思っている受験生もいるとは思いますが。

なぜそんなことが言える?

高校や大学で人生が決まらないとは

よく聞くけど

具体的にその理由を聞くことは

あまりないのではないしょうか?

多分ほとんどの大人は受験に失敗したときに

落ち込みすぎないようにと

言っているだけでしょう。

なので僕が

受験では人生が決まらない

具体的な理由を3つ書きたいと思います。

 

150415342006_TP_V

1つ目:進路先がバラバラ

同じ高校や大学に入っても

みんな全然違う進路選択するんですよ。

みんな違う選択をするということは

みんな同じとこに収束しないということです。

その進路で失敗する人もいれば

成功する人もいる。

高校や大学の受験で失敗しても

そのさらに先があるのです。

2つ目:雇われなくても生きていける

昨今は、フリーランスで

生活してる人をよく耳にすると思います。

インターネットが普及した今、

別に雇われなくても自分で稼げる時代なのです。

ひと昔前まで就活をして

企業に就職して雇われることが

良しとされていたので

より良い企業に就職するために

良い大学に入るということが重要でしたが、

そんな時代は終わりに近づいているので

良い高校、大学に入る意味は

薄れてきているのです。

3つ目:受験はやりなおせる

受験って別に人生に1度きりのものではありません。

僕自身も大学受験を2度受けております。

1度目は親や担任の勧めで

国立大学の工学部に入学したのですが、

自分自身納得がいかず休学し

アルバイトで受験料や入学金

前期の授業料を貯めて

私立の経済学部に入学した経緯があります。

受験はやり直せるんです。

やり直せるもので人生が決まるはずありません。

失敗したならもう一度チャレンジすればいいんです。

 

受験生がんばれ

いくら人生が決まらないと言えども

自分の行きたい高校、大学に

行けるに越したことはありません。

受験生のみなさん

ぜひがんばってください。

 

以上

「受験で人生が決まらない3つの理由」でした