読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドットコム

大学生がブログ書いています。

ブログの記事を15分で何字書けるか実験してみた。

f:id:RyotA:20160310005218j:plain

ブログの記事を15分で何字書けるのか?

この記事でブログの記事を15分で何字書けるか実験しています。

なぜそんなことをしているのかというと「まだ東京で消耗しているの?」のイケダハヤトさんが一つの記事を15分ほどで買いているらしいので、僕も興味本位で買いてみることにしました。

書き始めてわかったこと

イケダハヤトさんは何のプレッシャーもなく記事を書いているのでしょうが、僕は15分と設定して書いているので少しプレッシャーがあり打ち間違えや変換ミスを繰り返しています。

普段記事を書いているときも割と打ち間違えているのですが、今は何度も書いた字を消しながら記事を書いています。

ていうかMacの変換がけっこう使いにくいですね『かいたじ』これを変換すると『買いた字』これが最初に出てくるんですよ。まずはじめに『書いた字』これが出てきてほしいですよね。

前々から変換が使いにくいなと思っていましたが、これが改善できればさらに記事を書くスピードが上がりそうです。

15分で1000字の自信がある

僕のタイピングスピードは早い方だと思います。小学生の頃にタイピングのゲームにハマっていたおかげだと思います。

でも少し悩みなのが、完全なブラインドタッチができないのと変なクセがあることです。

右手の方が近いのに左手で打ったり、その逆の左手の方が近いのに右手で打ったり小さい頃からの変なクセがいまだに残っているんですよね。

これを直したの方がいいのかこれが僕にあったキーボードの打ち方かわかっていない状態ですね。

でもそこそこ早く打ててる自信はあるので、まぁそこまで気にしていないんですけどね。

記事を早く書くために必要なこと

記事を早く書くために必要なことは、タイピングの早さもそうですが頭の中で記事をを整理する力も必要ですね。

いくらタイピングが早くても、書く内容が思いついていなかったら早く書くことはできませんね。

今感じたことをこの記事をかくというスタイルはもしかした僕に合っているのかもしれません。

けっこうスラスラと記事を書くことができています。

あと2分

ギリ1000文字

今2分を切ったのでそろそろ締めたいと思います。

1000字くらい余裕やろとか思っていましたが、今やっと1000を超えました。

15分で1000字書くのはけっこうツライですねw 舐めてました。

でも出来ないことはないとわかりました。

もっと早く記事を書けるようになりたいな。

 

以上

「ブログの記事を15分で何字書けるか実験してみた。」でした。

10秒余りました。